ラーニング・スタイル

ラーニング・スタイル 【研修】

“知る → わかる → できる” の「トライアド・ラーニング・スタイル」

 部下を育てる チームをまとめる 自己管理をする 連携する
    Management & Communication

現場で使いたいスキルの理論を知識として学ぶ
基本となる考え方は いつもシンプル

ところが、仕事でいざスキルを使おうとすると、難しいと感じることがあります。 それは「トレーニング」の過程が十分に行われていなかったり、トレーニング方法が効率的ではないから。

「トレーニングの過程」を「トライアド・ラーニング・スタイル」で循環させてスキルをブラッシュアップし「日々丁寧に自分のスキルを考察して検証してセカンドチャレンジへ進む」過程を習慣づけていきます。

トライアド・ラーニング・スタイルを旨く循環させていくと、より効果的でより効率的なトレーニングを実施します。


基本は,自分が持っている考え方や態度形成を検証して変化を持たせること。持たせた変化を習慣づけること。キーワードは省察力。

「理解&学習&活用のトライアド循環」にどんなときもサイドロード(補助となる方策)『日々のていねいな考察・検証・継続した取組み』を設けてフォローアップをしていきます。

資料pdfのBloom−Skill 研修体系(人的資源開発)は、画面サイドバーの「階層別教育体系シート」からダウンロードしていただけます。

出版図書のご案内

研修体系(人的資源開発)

最近の記事

PAGE TOP